歯の神経を守る治療

045-591-3728

09:00~13:00 | 14:30~22:00

  • ※月・金・土 19:00 まで
  • ※休診日 水曜・日曜・祝日夜22時まで
北山田駅直結
無料MAIL相談 24時間web予約

キービジュアル

【歯髄温存プログラム】

「歯の神経を抜きます」
と言われた場合でも
残せる可能性があります

  • 1
  • 2
  • 3
  • ドックベストセメント
  • MTAセメント
  • Nd:YAGレーザー

歯の神経を残す治療「歯髄温存プログラム」

ドクター

虫歯が深く、神経まで届いている場合、通常は「歯の神経を抜かなければなりません」と宣告されます。

歯の神経を抜いた歯は寿命が極端に短くなります……

つまり、近い将来「抜歯」の運命が待ち受けています

しかし、近年の材料の進歩により、このようなケースでも歯の神経を残すことが可能になってきています

※すべてのケースで残せるわけではありません。

当院では、一部の医院で行われている歯の神経を守る治療よりも、より効果の高い方法を採用しています。

ドックベストセメント+
MTAセメント+レーザー

3

歯の神経を守るには保険適用のダイカルという素材や、自費のドックベストセメント、MTAセメントなどがありました。それぞれ一定の効果はありますが、併用することでより一層の効果があることが判明しています。

当院では、ドックベストセメント、MTAセメント、そして殺菌効果のあるレーザーの3つを併用した治療を行います。

ドックベストセメント/MTAセメント

  • 1
  • 2

イラスト2

歯の神経まで感染した虫歯でもこれらの材料を虫歯に塗布することにより、虫歯になっている部分を無菌化し、神経を残したまま詰め物/被せ物を入れることが可能となり、さらに、歯本来の再生力を取り戻させ修復します

Nd:YAGレーザー

イラスト

当院ではNd:YAGレーザーのなかでも最上位機種にあたる「ストリークレーザー」を利用しています。
虫歯に感染している部分にだけ反応し削りますので、健康な歯質までを削ることはありません。また同時に「殺菌効果」や「耐酸性」を高める効果もあるので、再発しにくい歯を生み出すこともできます。

レーザーというと「怖い」イメージがありますが、歯科用に開発されたレーザーは身体に優しく、歯科治療につきものだった音、振動などの不快感を与えませんし、痛みがほとんどないため麻酔の必要もありません

「歯の神経を守る」ということ

歯

冒頭でも簡単にお伝えしましたが、歯の神経を除去すると、歯がもろくなります

なぜなら、歯の神経は歯に栄養を供給する役割を担っているため、その供給源がなくなってしまうと、歯に栄養がいかなくなり、枯れ木のようにもろくなるためです。

そのため、強い衝撃が加わると、歯が割れたりし、最終的には抜歯の運命が待ち受けています。

しかし、歯の神経を守ることができれば、そのような最悪な運命は回避することができます。

院長

これまでの歯科治療では、歯の神経を守る材料がなかったため、安易に歯の神経を抜いていました
材料が開発された今でも、残念ながらこの傾向は続いています。

他院で「歯の神経を除去します」と言われたとしても、一部の医院では当院のような取り組みを行っていますので、諦めずにご相談いただきたいと思っています。

すべてのケースで対応できるわけではないのですが、可能な限り神経を守る方向で対応いたします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約

電話での問い合わせ

電話

〒224-0021
神奈川県横浜市都筑区北山田1-9-3 EKINIWA KITAYAMATA 2F

このページの先頭に戻る