歯周病治療

歯周病

歯周病は、当院が力を入れている分野です。

歯を失ってしまったり、歯ぐきが下がっていったりする原因になる歯周病。単に歯と口腔内の問題にとどまらず、心臓疾患や糖尿病、脳血管障害、低体重児出産、腎臓病にも影響するといわれています。
歯周病は、虫歯同様、細菌による感染症です。

日本人の多くが罹患しているという歯周病ですが、予防とメインテナンスで進行を防ぐことができます。

歯周病は、何が問題なの?

歯周病は、細菌により感染症で、日本人の80%が罹患しているともいわれている国民病です。

最近は、テレビ番組などでも歯周病の重大さが周知されるようになりました。

歯周病が歯ぐきと歯の間の歯周ポケットで繁殖すると、歯ぐきの状態が悪くなったり、歯を支えている歯槽骨という骨を溶かしたりしてしまいます。進行していくと、歯ぐきが下がって、歯がグラグラしてきて、最終的には抜けてしまいます。

歯周病は進行との戦いです。進行を遅くすることで、歯周病により歯を失うリスクは減らせます。

歯周病の進行程度を確認するテスト

ご来院いただいた患者さんには、まず歯周ポケットの検査を受けていただきます。歯周ポケットの深さがどの程度かによって、現在の歯周病の重さが解ります。

患者さん一人一人、歯周病の状態は異なりますので、それぞれに最適な治療とメインテナンスの計画を立てます。

歯周病の治療

歯周病の治療は根気のいることです。
院内では、スケーリングとルートプレーニングという処置により、歯周ポケットや歯根に付着した歯垢や歯石を取りさります。歯垢や歯石は細菌の温床であり、これがあることで細菌がどんどん繁殖してしまいます。

その「住処を破壊して、なくす」というのがメインとなる処置です。
細菌の住処をなくすことで、細菌の繁殖を防ぎ、歯周病の進行を抑えます。

レーザーによる治療

当院では、歯周病の治療にレーザー治療器を使用します。
レーザーにより歯周ポケット内の細菌を焼くことで菌を殺すことができ、歯周病の状態が良くなります。

メインテナンス

歯周病は、長いあいだしっかりとケアをしていくことが必要です。
症状によりますが、3ヵ月、1ヵ月という間隔でご来院いただき、磨けていない場所をクリーニングしたり、スケーリングで歯垢や歯石を除去したりすることが大切です。担当のドクターと衛生士に、よりみなさまの歯周病のケアをしっかりとしていきます。

メインテナンスの際には、毎日の歯磨きについてもチェックしていきます。

ご自宅でのケア

歯周病治療でもっとも大切なのが、ご自宅での歯のケアです。
歯磨きの方法をしっかりとアドバイスして、ケアに励んでいただきたいと思います。

歯磨きは磨いているつもりでも磨けない部分があるものです。「磨いているのと、磨けているのとか違う」とよくいわれていることです。歯磨きができていない方には、しっかりとご指導し、食生活や喫煙などについてもアドバイスさせていただきます。
自宅のケアで、歯周病が良くなるというケースもあります。ぜひ、根気よくケアを続けてください。

歯周病外科治療

スケーリングやルートプレーニングでもよくならない、歯周病が進行して歯ぐきがどんどん下がってしまうような、かなり進行している場合には、歯ぐきを開いて直接歯根を処置する外科治療という選択肢もあります。
外科治療は最終的な手段であるとともに、タイミングが重要です。
効果がどの程度見込めるか、予後どの程度歯を維持することができるか、しっかりとご説明しご納得いただいてから治療をいたします。