スタッフブログ

2015.02.01更新

こんにちは、横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です。

前回に引き続き、今回も「口呼吸」について書いていきます。

口呼吸のデメリット

鼻ではなく、口で呼吸をする「口呼吸」になってしまうと、空気中のさまざまなウイルスが体内に直接入り、色々な病気にかかりやすくなり、また病気になりやすくなるといいます。

なぜ、口呼吸だと病気になりやすいの?

本来、人間にとって自然な呼吸は鼻呼吸です。

鼻には空気中の細菌やウイルスが体内に入らないように防御する効果があります。

鼻の粘膜には抗菌作用のある成分が含まれ、鼻毛などが細菌やウイルスの網となります。

さらに、吸い込んだ空気に適度に湿り気を与える「優れた加湿器」としての機能も鼻にはあるのです。

逆に、「口呼吸」になってしまうと、ウイルスが体内に直接入り込み、風邪などひきやすくなります。

口呼吸の病気以外の影響

また「口呼吸」になると熟睡出来ず、睡眠も浅くなるので集中力にも響いてくるのです。

ですが、

近年「鼻呼吸」ではなく、「口呼吸」の人が増える傾向にあります。

口呼吸改善策

口呼吸をしていると上記であげた以外にも悪影響はまだまだあります。

改善するにはまずは鼻呼吸に直すという意識が重要です。

マスクを着用することで口呼吸がしにくくなったり、ガムを噛んだり、肥満を改善したり、、、色んな工夫をし鼻呼吸に直していきましょう。