スタッフブログ

2014.11.22更新

こんにちは、横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です。

「大人ならではのムシ歯のリスク」についてお話ししていきます。

「大人の歯(永久歯)」のムシ歯の特徴

大人の歯(永久歯)のムシ歯は、「歯の根元など、子供のムシ歯とは異なる場所に出来やすいこと」です。

「大人の歯(永久歯)」がムシ歯になる理由

長年の酷使に耐えている為に、気づかないうちに噛む面のエナメル質が減っていきます。

治療済みの歯の二次う蝕(うしょくとは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。)の問題も深刻です。

「大人の歯(永久歯)」のムシ歯のリスク

しみたり痛んだりと言う自覚症状が少ないもの、大人のムシ歯の大きなリスクです。

歯自体が熟成していて、神経の通っている管が細くなり、痛みを起こす刺激をブロックしてしまうからなのですが、この為に、ムシ歯の発見が遅れがちになるのです。

最悪の場合は、大人の歯(永久歯)を抜くことになる可能性があります

知らないうちにムシ歯が大きく広がっていて、突然、歯が折れて歯科医院に駆け込んでも結局、抜歯になってしまうというような事も、珍しくありません。

・ムシ歯が出来やすく、しかも気づきずらい」と言う、不利な条件の大人の歯。

・歯磨きをしているからと言って、油断している大人の歯。

手遅れになる前に歯科医院へ

自覚症状がでづらいので、ますます予防が大事になってくるのです。

手遅れになってからでは遅いので、歯医者さんで定期検診に行って少しでもリスクを減らしていきましょう。