スタッフブログ

2014.07.11更新

こんにちは、横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です。




今回は「フッ素のはたらき」についてお話していきます。



① まずフッ素は「歯」にはたらきかけます。



② 歯の「エナメル質」に耐酸性の強い結晶を作ります。(フルオロアパタイト生成)
  再石灰化の促進(初期ムシ歯なら自然に再修復されます)


③ 歯質を強化



ムシ歯を予防。



次に「口腔内」に起こる作用についてです。


① フッ素が口の中の環境(プラーク・唾液)にはたらきかける



② 抗酵素作用・抗菌作用



③ 酸の産生を抑制(細菌のはたらきを抑制して酸を作らないようにする)



ムシ歯の予防。

フッ素が「口腔内・歯」にはたらく作用はこの様な流れです。

https://www.tenkumo-dental.com/general_perio/