歯周病で悩む全ての患者様へ

どうして歯周病は治りにくいのか?

歯を失う原因となり、全身にも悪影響を及ぼす歯周病そもそもなぜ!? 多くの方々が歯周病で歯を失ってしまうのでしょう。

小さなサインを見逃してしまうと、歯を支える土台の骨が溶けて失われるからです。
私たちの口の中には約400種類とも言われる細菌がすみついています。
これらの細菌は、口の中に残った糖分などをエサにして、歯の周りにプラーク(歯垢)と呼ばれる白いネバネバとした物質が発生されます。歯磨きを怠ると、このプラークの層が厚くなり歯周病の原因とされる歯周組織がすみつき、増殖を始めるわけです。

歯周病の進行について

お口の中には微生物や細菌が多く存在してます。

毎日歯磨きしているのに・・・定期的に歯科医院でお口の掃除をしてもらってるのに・・・なぜか症状が良くならない。
それには実は、原因があります。
お口の中にはカビ(カンジタ菌)が存在しているのです。
わずかな歯に付着している歯石や食べカスがカビの栄養源となり、カビはどんどんと成長します。
カビは歯周病の直接な原因になるわけではありませんが、歯周病菌の住み家になり、歯周病菌を守っています。
カビがある限り、歯周病菌は完全になくなることはありません。

健康な状態

歯肉の色は薄いピンク色で、歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきが引き締まっています。ブラッシングをしても出血はしません。

軽度の歯周病(P1)

歯肉の色は、赤みを帯び、歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血することもあります。

中度の歯周病(P2)

歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症をもたらします。ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめます。口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。

重度の歯周病(P3)

歯肉の色も赤紫色のようになり、歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮します。歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まります。歯肉が退縮して、歯が長く見えます。
さらに重症化すると歯槽骨が失われ、歯は土台を失う抜け落ちてしまいます。

完治までの流れ

第1回:問診・カウンセリング・検査

・問診、カウンセリング  生活習慣、既往歴、常用薬
・検査
    ①唾液検査      ※ぺリオスクリーン(出血検査)
           ※唾液の細菌検査
    ②位相差顕微鏡    ※細菌の検査
    ③レントゲン検査
    ④口腔内写真
    ⑤口臭検査      ※アテイン(口腔衛生検査)
    ⑥歯周組織精密検査  ※ポケット検査、動揺度、BOP(出血、排膿)
    ⑦染め出し      ※歯ブラシでの磨き残しのチェック
●特殊高濃度機能水「T-Water」による洗口
●TBI(ブラッシング指導、歯ブラシ、歯間清掃用具の選択)
●歯石除去  ●3DSトレー用の印象 ※マウスピースの型取り
●検査結果に基づくコンサル

第2回:口腔内細菌の検査、善玉菌の補給(1週間~10日後)

・問診             ※ホームケアの確認
・位相差顕微鏡         ※口腔内細菌の検査
・唾液検査の結果説明
・特殊高濃度機能水(T-water)による洗口
・全顎イリゲーション       ※歯周ポケット内の洗浄
・Flapレーザー
・レーザーによる歯石除去、ポケット内の殺菌
・超音波による歯石除去、PMTC、舌クリーニング
・アスコルビン酸イリゲーション
・組織再生のためのレーザービーム照射
・院内3DS
・バクテリアセラピーの説明   ※善玉菌の補給

第3回:歯周ポケット内の洗浄、組織再生のためのレーザービーム照射

・問診       ※ホームケアの確認
・特殊高濃度機能水「T-Water」による洗口
・全顎イリゲーション、歯石除去(場合によりレーザー)、PMTC
        ※歯周ポケット内の洗浄
・組織再生のためのレーザービーム照射
・院内3DS

第4回:唾液検査、今後の説明

・問診         ※ホームケアの確認
・唾液検査       ※ペリオスクリーン 出血検査
・唾液検査の結果説明
・特殊高濃度機能水(T-water)による洗口
・全顎イリゲーション    ※歯周ポケット内の洗浄
            ※唾液の細菌検査
・位相差顕微鏡       ※細菌の検査
・口腔内写真
・口臭検査         ※アテイン(口腔衛生検査)
・歯周組織精密検査     ※ポケット検査・動揺度・BOP(出血、排膿)
・染め出し         ※歯ブラシでの磨き残しのチェック
・組織再生のためのレーザービーム照射
・今後の説明

完全歯周病治療の費用について

当院のごあいさつ

院長  天雲 文敦(てんくも たけのぶ)

当院が何より大切にしているのは、患者さまにご満足いただくこと――。
そのために上記5つの言葉を据え、スタッフ全員が患者さま一人ひとりと日々向き合って歯科診療にあたっています。

地域のみなさまをはじめ、当院にお越しいただくすべての患者さまの歯の健康に貢献することが、私たちの喜びでありやりがいです。
患者さま一人ひとりが望んでいることは何か、そのためにご提供できることは何かを深く考え、歯科医療のプロとして高いレベルのサービスをご提供しています。

また、「歯医者は嫌だな」「入りづらいな」と思われることなく、気持ちよくご来院いただき、気持ち良くお帰りいただけるよう、接遇やサービスといった面でもご満足いただけるよう努めています。
ハイレベルな治療技術と接遇やサービスを提供し、ご信頼いただきご満足いただけることを目指していますので、お口にお悩みのある方、ハイレベルな歯科診療をお求めの方はどうぞ当院までお越しください。

歯科衛生士  吉岡 里恵

・EBAC認定医歯科衛生士
・POICRシニアアドバイザー
・バクテリアセラピスト認定医歯科衛生士

歯科衛生士の 吉岡 里恵と申します。
神奈川県横須賀市の出身で、私は神奈川歯科短期大学を卒業してからてんくも歯科医院で長年勤務しております。
とくに当院は歯周病治療に力を入れているため、患者様のお悩みや少しでも改善出来るように歯周病についての勉強や技術を常に磨いております。

先日重度の歯周病治療が改善された患者様が「吉岡さんにキレイにしてもらったお陰でお口の中もスッキリして健康になりました」とお声を頂きました。凄くうれしくなり、今後もたくさんの方々に歯の大切さをお伝え出来ればと思っております。

歯周病治療が完治出来ないと諦めずに、改善出来るよう一緒にサポートさせて頂きます。

お口の健康は全身の健康につながると言われています。ぜひ一緒に頑張りましょう。