スタッフブログ

2015.07.12更新

こんにちは、横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です.

姿勢と歯並び

いきなりですが、普段の姿勢が悪いと歯並びが悪くなります。

姿勢が正しくないと歯に余計な応力がかかり歯並びが悪くなります。

なぜ姿勢が悪いと歯並びに影響するの?

歯並びは少しの力が持続的に続くと歯を支える歯槽骨が変わり、歯が移動します。

寝ている時の姿勢も問題です。

うつ伏せ、横向き寝などでは奥歯にかかる横からの力は数百グラム。

このような小さい力ですが、毎日数時間続けていれば歯は移動して歯並びが変わってきます。

歯並びが原因でムシ歯にも??

歯並びが変わると食べ物のカスがたまりやすくなりムシ歯になったり歯周病になりやすくなり、歯を失い消化器などに負担がかかる事で、寿命を短くします。

まずは姿勢を正しましょう

背筋を伸ばした状態で机や椅子などを調節し見えやすい位置にし、足の裏を床につけてきちんと座ることが大事です。

 

横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】

投稿者: 横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】