スタッフブログ

2015.04.05更新

こんにちは、横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です.



歯周病は歯肉だけに炎症が起きる「歯肉炎」の状態から始まります。

炎症が広がり、「歯周炎」と呼ばれる状態になると、溝が出来て、歯垢が溜まりやすくなります。


歯肉がブヨブヨなったり口臭が酷くもなります。


さらに進むと、歯を支える歯槽骨が溶けてしまいます。


最後には歯が抜けてしまいます。


歯肉炎で出血した部分から細菌が血管に入って、その菌が血管から全身にめぐり、歯以外の場所に炎症を起こすのです。


それが、動脈硬化、虚血性心疾患、脳梗塞などの病気に繋がると考えられています。




歯周病の予防、治療法はまずはなにより自身で行う歯磨きです。

正い歯磨き、歯磨き器具を歯科医院で指導を受けましょう。


始めは、血が少ししか出ないからといって放置するのではなく、是非1度、歯科医院で歯磨き指導を受けて、少なくても年に1、2回は定期検診を受けるのをお勧めします。

投稿者: 横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】