スタッフブログ

2017.06.05更新

歯周病について

☆目次

   1.歯周病とは

    2.歯周病の原因

   3.歯周病によって起こりうる全身の病気

   4.歯周病にならない為に

   5.まとめ

 

歯周病とは・・・

一言でいうと歯を支える骨が壊されていく病気です。

 

歯周病は、プラークという歯にくっつく細菌の固まりによって引き起こされます。

プラークにより、歯肉に炎症が起こると歯と歯肉の境目の溝が深くなって歯周ポケットができます。

このポケットの中にまでプラークの細菌が入り込んでしまうと炎症が広がり、やがて歯を支えている骨などの組織に近づき骨がとけていきます。

そして、症状が進行していくと歯がグラグラになり最後には歯が抜け落ちてしまいます。

今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、日本人の30歳以上の約8割がこの病気にかかっています。

日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病の一つに数えられています。

 

今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり35歳になって突然歯周病になる訳ではなく15歳位から発症し少しずつ進行していきます。

ゆっくりと進行する為、初期ではほとんど自覚症状がありません。

口臭、歯肉からの出血、歯肉の腫れ、痛みなどの自覚症状があるときは、既に進行している状態かもしれません。

 

ペリオ比較 

 

歯周病の進行度

 

歯周病進行度

 

 

以上4段階に分けることができます

重度にまで進行すると保存処置が

不可能なことも多いです。

 

 

 

2.歯周病の原因  は次回UP致します。

 

 

WEB予約

 

 

 

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.27更新

歯の疑問!? 乳歯と永久歯の違いって分かる?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


乳歯は全部で20本と永久歯と比べて少なく、乳歯の前歯は1本1本が小さく、すき間が空いているのが特徴です。

噛み合わせも永久歯に比べて不安定です。

また、酸に対する抵抗力が弱く、ムシ歯になりやすい傾向があります。

上下前歯が2本ずつ生えてくるまでは、湿らせたガーゼで磨いてあげましょう。

1歳頃から親御さんと一緒に、歯磨きの練習をして、仕上げ磨きしてあげましょう

 

 

 

てんくも歯科医院 予約

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.21更新

女性と男性で歯の強さが違うって知ってました?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

実は男性に比べて、女性の方が歯を失いやすいと言われています

理由の一つが歯質です。

女性は男性よりもエナメル質が弱く象牙質も薄いため、ムシ歯になるリスクが高いのです。

さらに、更年期等でホルモンバランスが乱れると骨密度は低下し、歯周病等も進行しやすくなるのです。


また、唾液の分泌量も、女性の方が少なくなるため、ムシ歯菌などの菌が繁殖しやすく、ムシ歯や、歯周病になりやすく、歯を失うリスクが男性より高いのです。

 

 

てんくも歯科医院 予約受付

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.08更新

プラークとは!?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


よく聞くプラークとは、歯垢(しこう)、バイオフィルムとも呼ばれ、歯周病菌とムシ歯菌の住み家のことです。

黄色色した粘着性の物質で、歯ぐきに炎症を引き起こすと共に、取り除かずにそのままにしておくと、固まって歯石になります

前回「歯周ポケット」の回で、お話した様に、プラークが歯と歯ぐきの溝に蓄積して、歯肉炎、歯周病を引き起こすのです

よって、歯磨きなどで、徹底的にこのプラークを取り除く事が、ムシ歯、歯肉炎、歯周病などの予防と治療にとても大事です

この予防、治療をプラークコントロールと言います。

ご自身で鏡などで、下の前歯の舌側の部分を見て、白い塊で、歯ブラシ等でも取り除けなかったら、それは歯石です。
(歯石は歯ブラシでは除去出来ません。)

他の部分にも、歯石がある可能性があるので、定期的に歯科医院で除去してもらいましょう。

 

 

都筑区北山田 てんくも歯科医院 予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.12.21更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


近年、アゴの発育が不十分なために、永久歯がデコボコに生えてくるなど、歯並びに問題がある子供が増えています。



そこで、お母さん達に行って欲しいことがあります。




それは、アゴの発育を促すことです。

大切なのは、よく噛むことです




噛み応えのある、小魚、ごぼう、海藻などを料理に取り入れましょう。



よく遊び食欲を高めることも大切です。




また、姿勢が悪いと歯並びに大きな影響がでます。



背筋をまっすぐ伸ばし、足をぶらぶらさせずに食事をすると噛む力が増すのです




正しい姿勢で噛む習慣は、顔と歯の正中が揃うなど、骨格的にもプラスの影響があります。

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.12.13更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。




赤ちゃんが行う指シャブリ、乳歯がまだ生えてこないうちは、歯並びには影響はないのですが、

4歳過ぎても続くようでしたら要注意です

 


指シャブリで、なめる指によっても様々です。

特に親指シャブリは、指で上アゴを押し続けるため、上顎前突(出っ歯)になってしまうケースがあります。




指シャブリが治らない時は、母子で指を使った遊び等で工夫をし、少しずつ止めさせていきましょう。


お子様の指シャブリでお困りの方、歯並びへの影響が心配の方は一度、歯科医院にご相談してみてください。

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.11.17更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


乳歯と永久歯は6歳頃から生え変わります。


しかし、生え変わったばかりの永久歯が虫歯になりやすいので、お母さん達のケア(仕上げ磨き)がとても重要です。


4歳~5歳位になったら、子供自身に子供用歯磨きを持たせて磨かせて、磨き残しを、仕上げ磨きをお母さん達がやってあげてケアをしていってください。


仕上げ磨きの卒業は9歳位を目安にして、それまで練習をしていきましょう

投稿者: てんくも歯科医院