スタッフブログ

2017.06.05更新

歯周病について

☆目次

   1.歯周病とは

    2.歯周病の原因

   3.歯周病によって起こりうる全身の病気

   4.歯周病にならない為に

   5.まとめ

 

歯周病とは・・・

一言でいうと歯を支える骨が壊されていく病気です。

 

歯周病は、プラークという歯にくっつく最近の固まりによって引き起こされます。

プラークにより、歯肉に炎症が起こると歯と歯肉の境目の溝が深くなって歯周ポケットができます。

このポケットの中にまでプラークの細菌が入り込んでしまうと炎症が広がり、やがて歯を支えている骨などの組織に近づき骨がとけていきます。

そして、症状が進行していくと歯がグラグラになり最後には歯が抜け落ちてしまいます。

今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、日本人の30歳以上の約8割がこの病気にかかっています。

日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病の一つに数えられています。

 

今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり35歳になって突然歯周病になる訳ではなく15歳位から発症し少しずつ進行していきます。

ゆっくりと進行する為、初期ではほとんど自覚症状がありません。

口臭、歯肉からの出血、歯肉の腫れ、痛みなどの自覚症状があるときは、既に進行している状態かもしれません。

 

ペリオ比較 

 

歯周病の進行度

 

歯周病進行度

 

 

以上4段階に分けることができます

重度にまで」進行すると保存処置が

不可能なことも多いです。

 

 

 

2.歯周病の原因  は次回UP致します。

 

 

WEB予約

 

 

 

投稿者: てんくも歯科医院

entryの検索

カテゴリ