スタッフブログ

2016.03.27更新

歯の疑問!? 乳歯と永久歯の違いって分かる?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


乳歯は全部で20本と永久歯と比べて少なく、乳歯の前歯は1本1本が小さく、すき間が空いているのが特徴です。

噛み合わせも永久歯に比べて不安定です。

また、酸に対する抵抗力が弱く、ムシ歯になりやすい傾向があります。

上下前歯が2本ずつ生えてくるまでは、湿らせたガーゼで磨いてあげましょう。

1歳頃から親御さんと一緒に、歯磨きの練習をして、仕上げ磨きしてあげましょう

 

 

 

てんくも歯科医院 予約

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.21更新

女性と男性で歯の強さが違うって知ってました?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

実は男性に比べて、女性の方が歯を失いやすいと言われています

理由の一つが歯質です。

女性は男性よりもエナメル質が弱く象牙質も薄いため、ムシ歯になるリスクが高いのです。

さらに、更年期等でホルモンバランスが乱れると骨密度は低下し、歯周病等も進行しやすくなるのです。


また、唾液の分泌量も、女性の方が少なくなるため、ムシ歯菌などの菌が繁殖しやすく、ムシ歯や、歯周病になりやすく、歯を失うリスクが男性より高いのです。

 

 

てんくも歯科医院 予約受付

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.14更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

前回、お話しした歯周病にならない為の予防には、自分自身で行う、ブラッシング(歯磨き)がとても重要になってきます。

まず歯磨き粉はフッ素入りを使いましょう。

フッ素は歯の表面のエナメル質を強くします。

磨く際は、あまり歯ブラシを濡らさないで磨きましょう。(泡立ち過ぎてしまうと、磨きづらくなるし、泡のせいでいっぱい磨いた気になってしまうからです。)

磨き方は、歯の表面はブラシを直角(90度)に当て、歯の付け根(歯周ポケット)付近は、ブラシを45度の角度で磨きましょう


一本の歯に対して、20回以上細かく磨く事を、心がけましょう


すすぐ時も、折角フッ素入りで磨いたので、フッ素が流れ落ちない様に、少量の水で軽くすすぎましょう。

投稿者: てんくも歯科医院

2016.03.08更新

プラークとは!?

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


よく聞くプラークとは、歯垢(しこう)、バイオフィルムとも呼ばれ、歯周病菌とムシ歯菌の住み家のことです。

黄色色した粘着性の物質で、歯ぐきに炎症を引き起こすと共に、取り除かずにそのままにしておくと、固まって歯石になります

前回「歯周ポケット」の回で、お話した様に、プラークが歯と歯ぐきの溝に蓄積して、歯肉炎、歯周病を引き起こすのです

よって、歯磨きなどで、徹底的にこのプラークを取り除く事が、ムシ歯、歯肉炎、歯周病などの予防と治療にとても大事です

この予防、治療をプラークコントロールと言います。

ご自身で鏡などで、下の前歯の舌側の部分を見て、白い塊で、歯ブラシ等でも取り除けなかったら、それは歯石です。
(歯石は歯ブラシでは除去出来ません。)

他の部分にも、歯石がある可能性があるので、定期的に歯科医院で除去してもらいましょう。

 

 

都筑区北山田 てんくも歯科医院 予約

投稿者: てんくも歯科医院