スタッフブログ

2015.12.21更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


近年、アゴの発育が不十分なために、永久歯がデコボコに生えてくるなど、歯並びに問題がある子供が増えています。



そこで、お母さん達に行って欲しいことがあります。




それは、アゴの発育を促すことです。

大切なのは、よく噛むことです




噛み応えのある、小魚、ごぼう、海藻などを料理に取り入れましょう。



よく遊び食欲を高めることも大切です。




また、姿勢が悪いと歯並びに大きな影響がでます。



背筋をまっすぐ伸ばし、足をぶらぶらさせずに食事をすると噛む力が増すのです




正しい姿勢で噛む習慣は、顔と歯の正中が揃うなど、骨格的にもプラスの影響があります。

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.12.13更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。




赤ちゃんが行う指シャブリ、乳歯がまだ生えてこないうちは、歯並びには影響はないのですが、

4歳過ぎても続くようでしたら要注意です

 


指シャブリで、なめる指によっても様々です。

特に親指シャブリは、指で上アゴを押し続けるため、上顎前突(出っ歯)になってしまうケースがあります。




指シャブリが治らない時は、母子で指を使った遊び等で工夫をし、少しずつ止めさせていきましょう。


お子様の指シャブリでお困りの方、歯並びへの影響が心配の方は一度、歯科医院にご相談してみてください。

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.12.07更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

 




お子様の矯正は、アゴが小さくて、歯並びが悪くても、今すぐ矯正治療が必要になるわけではありません




成長期の子供の体は柔らかいので、アゴを育てるトレーニング等で、矯正治療などは必要がなくなる場合もあります。





ただし、叢生(でこぼこに歯が生えてくる)、

開咬(上下の前歯の間にすき間がある)などの、

骨格的に問題がある場合は、乳歯の時に矯正治療を行った方が良い場合もあります。





乳歯が生え揃ってから、もし、お子様の歯並びが気になる方は1度先生に相談してみましょう。

 

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院