スタッフブログ

2015.11.29更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


歯並びは、健康にも影響があります。

大人になってからでも矯正治療は遅くはありません。




歯並びが悪いと

①歯ブラシがきちんと当たらず、汚れが落ちにくく、ムシ歯、歯周病、歯肉炎になりやすい

②噛み合わせがうまく出来ず、食べ物を噛み砕けず飲み込むクセがついて、消化器官に影響がある。

③奥歯がズレて顔の左右対称でなくなる。




他にも色々な症状、症例がありますが、そこまで目立って歯並びは悪くないと思っても、

「口の中」以外の所に影響が出るかもしれません


矯正治療は、大人になってからでも決して遅くはありません



少しでも気になる所がありましたら、1度ご相談ください。


 
てんくも歯科医院 矯正治療 を詳しく見る

 

 

WEB予約

投稿者: てんくも歯科医院

2015.11.22更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

理想の歯並びとは、28本の永久歯が綺麗にアーチ状に並び、デコボコなく上下の歯が正しい位置で噛み合っている状態を言います。


以下の4つのチェックをで全てオーケーなら、見た目、機能的にも問題ないと思われます。

□顔の中心と歯の中心が揃っている。

□上下の歯の正中線が揃っている。(上の前歯が下の前歯の1/3ほど覆っているなど。)

□下から覗いて上下の前歯の間に隙間がない。

□Eラインに対して、上下の顎が飛び出していない。(鼻の先と、顎の下を結んだ線)


歯並びに問題があることを、不正咬合と言います。多いのが、上顎前突(出っ歯など)、綺麗に並ばずデコボコに並んでいる(そうせい、乱ぐい歯)反対咬合(受け口)などがあげられます。


これらの不正咬合は見た目だけではなく、機能的にも問題なので、歯科医院での早めのケアが必要です。

 

 

診療時間

投稿者: てんくも歯科医院

2015.11.17更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


乳歯と永久歯は6歳頃から生え変わります。


しかし、生え変わったばかりの永久歯が虫歯になりやすいので、お母さん達のケア(仕上げ磨き)がとても重要です。


4歳~5歳位になったら、子供自身に子供用歯磨きを持たせて磨かせて、磨き残しを、仕上げ磨きをお母さん達がやってあげてケアをしていってください。


仕上げ磨きの卒業は9歳位を目安にして、それまで練習をしていきましょう

投稿者: てんくも歯科医院

2015.11.09更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


食後どれくらい時間がたってから歯を磨くべきがいいのでしょうか?


最近は食後すぐの歯磨きを避けて、30分程あけて磨こう。と言われています。


しかし、これは歯周病等で歯の根っこの歯根が、露出した人の場合の対応なのです


子供の乳歯の場合や、歯周病等により、歯根が露出していない場合は、食後すぐに磨くのが基本です。


外出中などで磨く事が出来ない時等は、キシリトールを含むガムや、タブレット等を食べましょう。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.11.02更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


赤ちゃんの口腔内のケアをしているのに、赤ちゃんにムシ歯が。


もしかしたら家族からの、食べ物の口うつしで、ムシ歯が赤ちゃんにうつったのかもしれません。


ムシ歯菌の中で強力なミュータンス菌、実は生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しないのです。


ムシ歯がある両親、祖父母が舐めたスプーンを赤ちゃんが口に入れたり、口移しなどを介して赤ちゃんにミュータンス菌が感染するのです


赤ちゃんをムシ歯にさせない為にも、家族全員がムシ歯予防をして、ムシ歯になるリスクを減らす心がけをしていきましょう。

投稿者: てんくも歯科医院