スタッフブログ

2015.06.29更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.


ムシ歯と言うと、削って治すイメージが一般的です。


ですが、初期のムシ歯なら口の中の環境を整えることが出来れば、歯の再石灰化が進み、削らずに治す事が可能なのです


日本の診断基準では歯に穴が開いてからが、ムシ歯とされています。

しかし、海外では初期段階のムシ歯を診断出来る基準『ICDAS』の普及が進み、日本でも『ICDAS』の導入の動きが広がっています。



『日本の診断基準』

C0ー要観察の状態。学校歯科のみの基準。
C1ーエナメル質に変化がある。
C2-象牙質まで穴がある。
C3ー象牙質の中の神経までムシ歯になっている。
C4ー根だけになっている状態。


『ICDAS』

コード0ー健全な歯。
コード1ー歯を乾燥させると、エナメル質が白く変化しているのがわかる初期ムシ歯。
コード2ー歯を乾燥させなくても、エナメル質が白く変化しているのがわかる初期ムシ歯。
コード3ーエナメル質に穴が開いている。
コード4ー穴は開いていないが、エナメル質の内側の象牙質の変色がわかる。
コード5ー穴が象牙質まで進行している状態。歯面の半分以下。
コード6-穴が象牙質まで進行しる状態。歯面の半分以上。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.06.14更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.


フッ素って本当に安全なの!?


フッ素は、自然界の物質で私たちが毎日食べている物の中にも、含まれています。

しかし、フッ素は、塩と同様で、体に必要なものでありながら、大量に摂取すれば体には害になることがあります。




□ どんな方法でフッ素を上手に取入れるか!?


① フッ素塗布

歯科医院や、保健所で行っています。

定期検診に合わせて、3~6ヶ月ごとに行う事をお勧めします

一度だけでなく、定期的に塗布しないと効果がありません



② フッ素入り歯磨き粉・フッ素洗口

歯みがき粉をつけて歯みがき・洗口を毎日繰り返し続ける。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.06.07更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.

前回の続きで「P.M.T.C」の効果についてお話ししていきます。


① 歯が白くなる

表面についたタバコのヤニ、お茶などの茶シブなどの汚れがとれる

見た目的にも、変化が分かります。


② 歯肉が健康になる

歯のつけ根に隠れていた「細菌」が減り、歯肉が引き締まります

歯肉がブヨブヨしていたら引き締まり、これも見た目の変化が分かります。


③ ムシ歯が防げる

②でも行った通り細菌が減りムシ歯菌の住処(プラーク)が無くなるので、ムシ歯になりにくくなる



「P.M.T.C」とは、このような良い事ばかりなので、半年に一度のペースで受診するのをお勧めします。

http://www.tenkumo-dental.com/precaution/

投稿者: てんくも歯科医院

entryの検索

カテゴリ