スタッフブログ

2015.04.26更新


こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.


今回は簡単に出来る口臭予防対策のお話です。


予防対策はずばり「よく噛む」ことです。



噛むと唾液の分泌が促されます。



野菜や果物などの繊維質の食材を積極的にとり、よく噛むように心がける


ガム等も効果的です。



唾液には口内の汚れを洗い流す効果があります。



口内が乾燥すると舌苔が付着しやすくなるのです。

また、「口呼吸」になりがちな人も口内の乾燥を招いて口臭が発生しやすくなるので

マスクを着用するといいです。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.04.19更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.


がん治療の中では口の中にもトラブルが起こります。


口内炎、疼痛各種感染症、口腔乾燥、味覚障害、口腔粘膜の剥離や浮腫です。


頭頸部領域の治療ではほぼ10割近く、造血幹細胞移植では8割、他部位の科学療法や放射線治療で4割の患者さんに見られるそうです。



その際の予防や軽減方法はあるのでしょうか!?


まず、ムシ歯、歯周病があれば治療し、口の中を良い状態にしておく事です。


その上でプラークコントロールの習慣を身につけて下さい。


また、入院や治療の間は、口の中の手入れを出来ない様な場合には、周りの誰かが口腔ケアのフォローをする必要があります。



まず歯があれば歯磨き。
歯ブラシの毛先が汚れに付いているところに届く事が大切です。



こすらず揺らす様にしてプラークを取り除きます。



ブラッシングの後には、奇麗に洗い流して下さい。
洗口剤などの使用も効果的です。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.04.13更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.


ムシ歯は、歯の表面についた歯垢が作る酸が溶け出し、エナメル質に含まれるミネラル分が溶け出す「脱灰」によって起きます。


通常は「脱灰」が起きても唾液の成分にはミネラル分が含まれているため再石灰化されます。


しかし、糖分の取り過ぎで脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、ムシ歯になるのです。


初期のムシ歯とはこの脱灰が起こっている状態なのです。


歯の成分が溶け出しているから、白く濁ったシミの様になるのです。


初期ムシ歯の治療法としては、適度のケアと治療で再石灰化が可能です。


一度でも穴が開いてしまってからでは削って治すしかありません。

治した所からまたムシ歯になってしまうケースもあります。


ですので、穴が開く前に治療、予防をするのが重要なのです。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.04.05更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です.



歯周病は歯肉だけに炎症が起きる「歯肉炎」の状態から始まります。

炎症が広がり、「歯周炎」と呼ばれる状態になると、溝が出来て、歯垢が溜まりやすくなります。


歯肉がブヨブヨなったり口臭が酷くもなります。


さらに進むと、歯を支える歯槽骨が溶けてしまいます。


最後には歯が抜けてしまいます。


歯肉炎で出血した部分から細菌が血管に入って、その菌が血管から全身にめぐり、歯以外の場所に炎症を起こすのです。


それが、動脈硬化、虚血性心疾患、脳梗塞などの病気に繋がると考えられています。




歯周病の予防、治療法はまずはなにより自身で行う歯磨きです。

正い歯磨き、歯磨き器具を歯科医院で指導を受けましょう。


始めは、血が少ししか出ないからといって放置するのではなく、是非1度、歯科医院で歯磨き指導を受けて、少なくても年に1、2回は定期検診を受けるのをお勧めします。

投稿者: てんくも歯科医院

entryの検索

カテゴリ