スタッフブログ

2015.02.23更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


歯垢と歯石の違いについてお話していきます。



大きな違いは、歯ブラシで取り除けるか、取り除けないかです



歯垢は普段の食事などで歯に付着する汚れで、歯ブラシで取り除く事が可能です。


しかし歯石は汚れの取り残しが硬く石の様に固まったもので、歯ブラシで取り除く事は不可能です。


また、唾液中の成分も歯石として沈着することもありますが、これも歯ブラシで取り除く事は出来ません。



歯石は歯科医院で取り除く事になります.

硬い歯ブラシを使用しても取り除く事はできないのです。



逆に、歯垢は柔らかい歯ブラシでも取り除く事は可能なのです。




また、歯垢は口の中全体に付着しますが、歯石は付着しやすい場所があります。

下の前歯の裏側と、上の奥歯の表側です。


見えにくい場所の為、自分では中々、気がつかないので、定期的に歯科医院で検診するのをお勧めします。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.02.15更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。



再石灰化には、まず食事後の歯磨きで口の中の環境を整えることがとても重要です。


ムシ歯菌は糖分で増えて、酸を生み出します。



寝ている間は唾液が出ない為、再石灰化が行われません。


ですので、寝る前には必ず、歯を磨く様にしましょう。



また、唾液を出す事もとても効果的です。



食事のときに良く噛んだり、再石灰化を促すシューガーレスガムを食べるのもとても効率的です。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.02.08更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。



歯ブラシでは取れない、歯と歯の間の汚れを取り除く清掃道具「デンタルフロス」。



デンタルフロスは糸の様なもので、歯ブラシでは磨けない、歯と歯の間の歯垢を取り除くものです。



国の健康増進の目標に定めた「健康日本21」でも、使用が勧められています。



デンタルフロスは欧米に比べて、日本では普及頻度がとても低いのです。


フロスの使用方法はとても簡単で、少し長めにとり、左右の指に巻き付けて、歯と歯の間に入れて、歯垢をかき出すのです。
(歯と歯の間にフロスを入れるときに、力強く入れると、歯ぐきを傷つけてしまう場合があるの注意して下さい。)



また、歯と歯のすき間が大きく離れている場合は、デンタルフロスより、歯間ブラシが向いています



歯垢が取れているかを確認して、デンタルフロス、歯間ブラシをしっかり使い分けましょう。

投稿者: てんくも歯科医院

2015.02.01更新

こんにちは、都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。


前回に引き続き、今回も「口呼吸」について書いていきます。


鼻ではなく、口で呼吸をする「口呼吸」になってしまうと、空気中のさまざまなウイルスが体内に直接入り、色々な病気にかかりやすくなり、また病気になりやすくなるといいます。


本来、人間にとって自然な呼吸は鼻呼吸です


鼻には空気中の細菌やウイルスが体内に入らないように防御する効果があります。

鼻の粘膜には抗菌作用のある成分が含まれ、鼻毛などが細菌やウイルスの網となります。


さらに、吸い込んだ空気に適度に湿り気を与える「優れた加湿器」としての機能も鼻にはあるのです。


逆に、「口呼吸」になってしまうと、ウイルスが体内に直接入り込み、風邪などひきやすくなります。


また「口呼吸」になると熟睡出来ず、睡眠も浅くなるので集中力にも響いてくるのです。


ですが、
近年「鼻呼吸」ではなく、「口呼吸」の人が増える傾向にあります。

投稿者: てんくも歯科医院

entryの検索

カテゴリ