スタッフブログ

2017.12.12更新

歯周病の原因

歯周病には、直接的原因と間接的原因の2つがあります。

 

直接的原因としてあっげられるのは、歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)は、お口の中で生きてる細菌で酸素の少ない場所を好むのが特徴です。

その為、歯と歯茎(歯周ポケット)の隙間に潜んでいるのです。

この歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。

歯周病菌は酸素を嫌う性質があるため、酸素の少ない歯周ポケットに付着して「歯周病菌の巣(バイオフィルム)」をつくり、菌を増殖させます。

 

間接的原因・・・リスクファクター(危険因子)

歯周病は、「口の中の環境」や「生活習慣」が間接的にかかわり歯周病にかかわるリスクファクター(危険因子)となる場合があります。

 

局所的なリスクファクター(口腔内の環境など)

・歯石 ・歯並び ・不適合な冠 ・不良習癖 など

歯石の付着や歯並びの悪さは、歯垢が蓄積する一因です。また口呼吸は口の中が乾燥して歯垢がつきやすくなります。

歯ぎしりは歯周組織に過度に負担がかかり炎症が起きやすくなります。このような日常的にクセになっている悪い習慣も、歯周病を悪化させる因子となります。

 

全身的なリスクファクター(生活習慣など)

・ストレス ・運動不足 ・喫煙 ・食週間 ・睡眠不足 など

喫煙や糖尿病、ストレスなどは細菌感染に対するからだの抵抗力を弱め歯周病悪化の原因となります。

また不摂生な生活、不規則な食事、栄養の偏りなどは全身の健康に悪影響を及ぼし、歯周病を悪化させる要因になります。

 

歯肉病のケアには、適切なブラッシングで歯垢(プラーク)を取り除くことと、リスクファクターを少なくしていくことが必要です。

 

歯周病とは ← 歯周病の原因 → 歯周病によって起こりうる全身の病気

 

 

投稿者: てんくも歯科医院