スタッフブログ

2016.03.27更新

歯の疑問!? 乳歯と永久歯の違いって分かる?

こんにちは、
横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】です。

今回は、乳歯(子供の歯)と永久歯(大人の歯)の違いについて解説いたします。

 

乳歯と永久歯の違いについて

乳歯(子供の歯)は全部で20本と永久歯と比べて少ないのが特徴です。また、乳歯(子供の歯)の前歯は1本1本が永久歯(大人の歯)と比べて小さく、歯と歯にすき間が空いているのが特徴です。


噛み合わせも永久歯に比べて不安定です。

乳歯(子供の歯)は虫歯になりやすい

また、乳歯(子供の歯)は酸に対する抵抗力が弱く、ムシ歯になりやすい傾向があります。上下前歯が2本ずつ生えてくるまでは、湿らせたガーゼで磨いてあげましょう。1歳頃から親御さんと一緒に、歯磨きの練習をして、仕上げ磨きしてあげましょう

 

定期的な診察とメインテナンスを受けていただくことにより、お子様の歯の状況を確認したり、

歯垢や歯石を早期に取り除いたりする「予防歯科」が可能になります。また、早期発見・早期治療にも

結びつきますので、虫歯のないキレイな歯と歯周病のケアのために、一緒に予防をしていきましょう。

 

予防歯科・虫歯治療なら、横浜市都筑区のてんくも歯科医院にお気軽にお問い合わせください。

 

 

 横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】

 

 

投稿者: 横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】