スタッフブログ

2016.02.29更新

歯周ポケットとは・・・

こんにちは、横浜市都筑区北山田の歯医者「てんくも歯科医院」です。

歯周ポケットについて

歯ぐきが健康な状態で、引き締まっているときは、歯と歯ぐきの間には0,5~2mm程度の溝があります。

この溝にプラークが付着し蓄積すると、歯ぐきに炎症がおこり、歯ぐきが腫れ、溝が深くなります。

この病的状態がポケットで、歯周病初期の歯肉炎では、歯肉ポケット、さらに進んだ歯周炎では歯周ポケットと呼ばれます。

歯周病が悪化する前に歯科医院にご相談ください

健康な状態、歯周病などではない状態の時は0,5~2mm程度の溝ですが、歯周病が悪化すると10mm程度の深さにもなることもあります。

自分の歯を鏡で見て、以前と少し違うな。と思ったら歯周病が進んでいるかもしれません。

1度、担当の先生、または衛生士さんにご相談ください。

横浜市都筑区で歯周ポケットにお悩みの方は、てんくも歯科医院にお問い合わせください

ご来院いただいた患者さんには、まず歯周ポケットの検査を受けていただきます。歯周ポケットの深さがどの程度かによって、現在の歯周病の重さが解ります。

患者さん一人一人、歯周病の状態は異なりますので、それぞれに最適な治療とメインテナンスの計画を立てております。

横浜市都筑区のてんくも歯科医院へお気軽にお問い合わせください。

 

 

横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】

投稿者: 横浜市都筑区北山田駅前【てんくも歯科医院】